薄毛や脱毛でお悩みの方必見!東京のAGAクリニックBEST5

東京のAGA治療クリニックガイド » AGA治療薬の効果 » ザガーロ

ザガーロ

ここでは、AGA治療で用いられる薬剤である「ザガーロ」について紹介。一般的な効果や副作用などを詳しく解説していきます

価格相場 9,000円~10,000円
主な効果 5α‐還元酵素を阻害し、AGAの原因物質「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制。
注意事項 ●副作用として、勃起不全(ED)、リビドー減退(性欲減退)、精液量減少といった性機能障害が考えられます。
●女性は服用できません。とくに妊婦や産婦、授乳婦にとっては禁忌です。また、子どもについても安全性・有効性が確立されていません。

ザガーロの概要&効能をチェック

ザガーロは、2015年9月28日に厚生労働省から認可されたばかりの新しいAGA治療薬です。イギリスの企業、グラクソ・スミスクライン株式会社が製造・販売する薬であり、日本では2016年6月13日から発売が開始されました。

綴りは「ZAGALLO」。「Z」には“究極の”“進化した”“最後の砦”というような意味があり、「AGA」は男性型脱毛症のAGA。「LLO」は、イタリア語で語尾が「O」の名詞は男性名詞であることに由来しているそうです。

ザガーロは、AGAの原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の産生を強力に抑制することによって、治療効果を発揮します。

その効果はプロペシアよりも強力と言われており、プロペシアを使用してAGAを改善できなかった人も、ザガーロを使用すれば改善できる可能性があります。

ザガーロは、プロペシアと同様に5α‐還元酵素を阻害してジヒドロテストステロンの生成を抑制するのですが、5α‐還元酵素には「I型」と「II型」があります。プロペシアは「I型」のみを阻害する薬剤なのですが、対してザガーロは「I型」と「II型」のどちらとも阻害するのです。そのためジヒドロテストステロンの生成を強力に抑制することができ、より高い効果を発揮できるというわけです。

効果が現れるのには個人差がありますが、だいたいは6ヶ月ほどかかるようです(早い人は3ヶ月ほどで効果を実感できるのだとか)。そのため、ザガーロを使用してAGAの治療を行う場合、少なくとも6ヶ月間程度の継続的な服用が必要となります。

また服用を途中で中断してしまうと再び薄毛が進行し始めるので、効果を持続させるには服用を継続することが重要です。

最後に服用の仕方ですが、ザガーロカプセルは1日1回、1錠を服用します。

用量は0.1mgカプセルが基本となりますが、必要に応じて0.5mgが処方されます。医師の指示に従いましょう。

なお0.1mgカプセルよりも0.5mgカプセルの方が発毛効果は高く、一方で副作用の発現率は同程度と考えられているようです。

ザガーロに副作用はあるの?

ザガーロは、正しく服用すれば安全で効果の高いAGA治療薬です。しかし、副作用が現れる可能性は、やはりゼロではありません。

主な副作用として考えられているのは、ED(勃起不全)、リビドー減退(性欲減退)、精液量減少といった性機能障害です。

AGA治療の専門医がいるクリニックで処方してもらいましょう。

>>AGA治療の専門医院一覧<<

 
ページの先頭へ
東京のAGA治療クリニックガイド