薄毛や脱毛でお悩みの方必見!東京のAGAクリニックBEST5

東京のAGA治療クリニックガイド » AGA治療薬の効果 » プロペシア

プロペシア

このページでは、プロペシアの効果を増加させる方法などを紹介しています。

プロペシアのパッケージ画像 価格相場 1ヶ月分(28錠)6,500~10,000円
主な効果 AGAの根本的要因である5α-リダクターゼを抑制します。
注意事項 ●医師の診断・処方が必要です。
●保険適用外です。
●初期脱毛があります。
●性欲減退などの副作用があります。

プロペシアの一般的な効果

プロペシアは、AGA治療に最も有効とされる2大治療薬のうちの一つです。従来の塗り薬とは異なり、飲む治療薬として知られています。その主成分は、もともと前立腺肥大症の薬としてFDA(米国食品医薬品局)に認可されていたフィナステリドという合成成分です。また、ミノキシジルのような市販薬ではなく、医師の診断・処方がないと使用できません。

AGAに原因は、5α-リダクターゼとテストステロンが結びつくことで、薄毛を促進する男性ホルモンDHTに変換されることにあります。5α-リダクターゼは遺伝により分泌量が個々に異なり、その量が多いとDHT濃度が高くなってAGAが重症化します。プロペシアはこの5α-リダクターゼを抑制する薬です。つまり、抜け毛の原因を根本的に抑制します。“AGAを治療する”という概念をもたらした画期的な治療薬と言えるでしょう。

1日に1mgの服用が適量とされ、3~6ヶ月で変化が表れます。その効果は6~12ヶ月で最も発揮され、その後は安定・低下していきます。また服用をやめると3~6ヶ月で効果がなくなるとされています。

ミノキシジルとの併用で効果UP!

最も信頼されているAGA治療薬のプロペシアですが、単にそれだけ服用していても、現状維持にしかならないのが現実です。一度失ってしまった毛髪を取り戻すには、より強い効果が必要になります。

そこでおすすめしたいのが、ミノキシジルを同時に服用するという方法。

実は欧米ではプロペシアとミノキシジルの併用が一般的で、国内の研究機関でもその相乗効果が確認されています。フィナステリド(プロペシアの主成分)を含む内服薬と、ミノキシジルを含む外用薬を一緒に使用するのが最も効果を高めるというデータも存在します。

ただし、ここで注意して欲しいのが、素人判断で併用するのは絶対に止めるべきであるということ。
非常に強い作用を持つ薬剤ですので、摂取量を誤れば悲惨な結果をまねく危険性が高いからです。

現在では、遺伝形質等を精密検査した上で、個々人の体質に合わせて微調整した薬剤を支給する、「オーダーメード処方」を実施しているクリニックも存在しますので、そちらを利用した方が賢明でしょう。

副作用にも注意して

プロペシアには、主に男性機能の低下という副作用があります。性欲減退・勃起機能不全・射精障害・精液減少などの症状が報告されています。ただし、いずれも発症率は数%で軽い症状です。

また、比較的高い確率で起こるのが初期脱毛です。服用を始めて1ヶ月程度で脱毛量が増えます。AGA患者にしてみれば恐ろしい症状ですが、あくまで一時的なもので、長期的にみれば問題はありません。

その他、肝機能への重篤な副作用の可能性も2007年に万有製薬から発表されています。頭痛・腹痛・胃の不快感・下痢といった消化器への影響もありますが、発症率はかなり低いです。

気をつけていただきたいのは、女性や未成年、ペットなどによる服用です。特に妊婦の場合は胎児への影響があるので、服用することはもちろん手でふれることも避けてください。

プロペシア単剤ではなく、ケラチンを構成するアミノ酸類などを同時に摂取することで、こうした副作用を抑える治療法もありますので、頭髪医療の専門医がいる病院でカウンセリングを受けてみるのも良いと思います。

>>AGA治療の専門医院一覧<<

 
ページの先頭へ
東京のAGA治療クリニックガイド