薄毛や脱毛でお悩みの方必見!東京のAGAクリニックBEST5

東京のAGA治療クリニックガイド » AGA治療薬の効果 » メソセラピー

メソセラピー

ここでは、AGA治療の方法のひとつであるメソセラピーについて紹介。その効果や概要、副作用などを詳しく解説しています。

価格相場 2~7万円前後/1回
主な効果 注射等で頭皮に育毛成分を直接注入し、その成分が持つ育毛効果を最大限に引き出します。
注意事項 ●妊娠中、闘病中、頭皮が荒れている人は控えましょう。
●決まったペースで通院しないと効果は期待できません。
●赤みなどの副作用が起こる可能性があります。
●注射時の痛みがあります(治療法によって)。

メソセラピーとは?

メソセラピーというのは、もともと脂肪細胞に薬剤を注入することで脂肪を溶かす治療法のことを言い、1952年にフランスで生まれた言葉です。それをAGA治療に生かしたのが「育毛メソセラピー」。注射等を使って頭皮に直接育毛成分を注入し、その成分が持つ育毛効果を最大限に引き出す方法です。

注射等によってミノキシジルなどの育毛成分を毛根に直接注入できるので、効果はかなり高いものが期待できます。

ただ、育毛メソセラピーのみで治療を行なうというケースはあまりなく、育毛剤治療との並行が基本です。というのもAGA治療の基本はやはり育毛剤治療であり、これで半数近くの人は治療効果を得られるからです。

しかし、育毛剤治療でもなかなか満足いく効果が出ない…というときに、より効果を上げるため育毛メソセラピーをはじめるというケースが多いようです。

注射で直接注入なんてすごく痛そう…と思う人も多いかもしれませんが、最近は、電気穿孔法やダーマローラー法など注射器を使わない方法もあります。痛みが苦手な人や心配な人にはおすすめです。

メソセラピーに使われる主な薬剤と効果

育毛メソセラピーによって注入される主な成分を、以下にまとめてみました。

●ミノキシジル…毛母細胞に働きかけて、太く強い髪の毛を生やします。

●フィナステリド…AGAの原因である「5αリダクターゼ」の活性を阻害する働きがあります。(※男性のみが使用可能)

●成長因子(IGF-1,VEGF等)…「IGF-1」は細胞分裂を活発にさせる作用があり、それによって髪の成長に必要な毛母細胞や毛乳頭等の働きを活性化します。「VEGF」は血管新生を促す作用があります。

●ヒアルロン酸…毛細血管の拡張を促進し、血流を増やす作用があります。また水分補給効果も高く、髪の成長をサポートします。

●銅ペプチド…AGAの原因である「5αリダクターゼ」の活性を阻害する働きがあります。また髪の成長期を長くする、毛母細胞を大きくするといった作用も期待できます。

ちなみに、1回のメソセラピーで毛乳頭や毛母細胞の活動が元通りになるというわけではありません。一般的には5、6回(期間としては半年程度)かけて徐々に毛根部分を活性化させます。

また、毛根部分が活性化したからといってすぐに髪が伸びてくるというわけでもありません。髪のサイクルとの兼ねあいがあり、毛乳頭や毛母細胞の活動が活発化してから実際に髪のボリュームがアップするまでには少し時間がかかります。

「効果がなかった…」と早期に自己判断するのは避け、医師と相談しながら治療に取り組んでみてください。勝手に中止したり、途中で諦めてしまってはそれまでの治療の意味がなくなってしまいます。

副作用はあるの?

副作用としては、頭皮の赤み・かゆみといったものが挙げられますが、事例としてはそれほど多くないようです。

ただ、これまでにミノキシジルを有効成分とした育毛剤などを使用して副作用が現れた経験がある場合は、施術前に頭髪医療の専門医に伝えておきましょう。

>>AGA対策の専門医がいるクリニック一覧<<

 
ページの先頭へ
東京のAGA治療クリニックガイド