東京のAGA治療クリニックガイド
東京のAGA治療クリニックガイド » AGA治療薬の効果 » 育毛剤

育毛剤

薄毛が気になりだして治療のために、ドラッグストアやインターネットで育毛剤の購入を考えている方もいるでしょう。しかし、育毛剤が本当に効くのか気になりますよね。
ここでは育毛剤はAGAに効果があるのか、育毛剤を効能別で調査しました。育毛剤に含まれている成分もまとめています。AGA治療を始めるか迷っている人はぜひ参考にしてください。

価格相場 3,000~6,000円ほどが育毛剤の相場とされています。
育毛剤の費用はピンキリで安いもので1,000円程度ですが、
高級なものだと10,000円近い金額がかかるものもあります。
主な効果 頭皮環境を改善して、育毛を促進。
主に毛髪を太くして、抜け毛を予防する効果があります。
注意事項 育毛剤のほとんどは、髪の毛の育毛効果・脱毛を予防する効果は認められていますが、
髪の毛を生やす効果は認められていない「医薬部外品」です。

育毛剤は効果があるのか?

ラッグストアやインターネットで購入できる育毛剤は医薬部外品のものが多く、強い成分はあまり含まれていません。リスクが少ないので、気軽に試す事ができるのが特徴です。最近では、強い成分やミノキシジルといったクリニックでも処方される成分を含んだ育毛剤も手に入りやすくなっています。

育毛剤は種類が豊富で、製品によって含有成分や効果が変化します。まずは使ってみてから、自分に合った育毛剤を選ぶことが重要です。

効能別に見る育毛剤

育毛剤は大きく分けると3つの効果で薄毛を改善します。1つずつ見ていきましょう。

男性ホルモンの影響を抑える

男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」を生成する「5αリダクターゼ」の動きを妨げる効果を持っている育毛剤が該当します。AGAの原因は主にジヒドロテストステロンと言われており、それを生み出す5αリダクターゼを抑制することでAGAの進行を抑えます。

頭皮を血行改善して毛根に栄養素を与える

抜け毛の原因のひとつに毛母細胞や毛根の栄養不足があります。血管を拡張する効果を持つ成分や血流を改善する成分を育毛剤に配合することで、毛根に栄養素を届け、健康な毛髪を作る育毛剤です。

皮脂の分泌を抑制

皮脂が過剰分泌することにより、抜け毛が発生しやすくなります。ある程度の皮脂は健康な頭皮のために必要ですが、皮脂や汚れを落とそうとシャンプーをし過ぎたり、生活習慣が乱れたりすることによって大量の皮脂が分泌されてしまいます。皮脂を抑制する働きを持つ成分を配合して頭皮の健康を取り戻します。

育毛剤に含まれている成分

■毛母細胞を活性化させる成分

ペンタデカン酸グリセリド 男性ホルモンの影響を受けずに休止期の毛乳頭に栄養を送り、発毛を促します。
白薬子(びゃくやくし)
エキス
毛母細胞を活性化させることで、髪の毛の成長をサポートします。
ビオチン コラーゲン生成やアミノ酸の代謝改善、
血行促進効果などがあります。
M-034 ジヒドロテストステロンの生成や頭皮の炎症、
毛母細胞の働きを邪魔する対抗誘導因子を抑制します。
バイオポリリン酸 毛母細胞が活性化するために必要なたんぱく質を安定させる成分。
毛乳頭に働きかけることで、育毛を促進させます。
センブリエキス 血行の改善や血管を拡張する効果がある成分。
血流を改善することで栄養を毛母細胞に届けます。
ローヤルゼリーエキス 高い栄養価を持つエキス。たんぱく質やビタミン、ミネラル等が豊富で頭皮の保湿や血行促進効果が期待できます。
グリチルリチン酸
ジカリウム
甘草(かんぞう)と呼ばれる、漢方薬にも使用される植物に含まれている成分。頭皮の炎症を抑えて、毛母細胞を活性化させます。

■皮脂分泌抑制タイプにおすすめ成分

ドグダミエキス 植物のドクダミから抽出したエキス。
頭部の炎症や皮脂の過剰分泌を抑制する効果があります。
シャクヤクエキス エキスに含まれている化合物に血行の促進や
炎症を抑える効果があります。
皮脂バランスを整えて頭皮環境を改善することが可能です
オドリコソウエキス 皮脂腺の働きを抑制する効果もっており、皮脂を除去して脱毛の進行を抑えます。踊子草と呼ばれる植物から抽出したエキスです。

■血行を良くする成分

トウガラシチンキ トウガラシの刺激によって頭皮の血管を拡張、血流が改善されます。
ニンジンエキス 血行促進や脱毛予防の効果を持っています。
漢方薬としても知られる高麗人参から抽出したエキスです。
ミノキシジル 血管を一時的に広げることで血液の流れを改善、
頭皮に栄養を運びます。
セファランチン 植物から抽出した成分で血行の改善、
造血機能を回復させる効果があります。

■頭皮保湿タイプにおすすめ成分

ヒアルロン酸 高い保水性を持っており1gで6,000mlもの水分を保持できる成分。
皮膚を保湿して乾燥を防ぎます。
ヒオウギ抽出液 ヒオウギに含まれるイソフラボンがヒアルロン酸の働きを抑制させることで、頭皮の環境を整えます。
イチョウ葉エキス 乾燥させたイチョウの葉から抽出したエキス。
頭皮に潤いを与え、血液の循環を改善します。
ピロリドンカルボン酸
ナトリウム
吸湿性・湿潤性が高いため肌の乾燥を防ぐ効果があります。
敏感肌の方にもおすすめの低刺激です。
サンザシエキス 肌荒れを防ぐ効果や保湿効果を持つ成分。
美容品にも使われています。

育毛剤とAGA治療薬だったらどっちを選ぶべき?

確実に薄毛を治療したいと考えているのならAGA治療薬を選ぶべきです。AGA治療薬は医薬品として国に認められており「治療」を目的とした薬のため、高い改善効果を期待できます。

一方、育毛剤のほとんどは「医薬部外品」です。AGAに効果がある成分が含まれていることは認められていますが、高い効果は期待できません。しかし、副作用が少ない特徴があります。

薄毛が気になり始めた方や治療薬の副作用が気になる方でしたら、最初は育毛剤を試してみることをおすすめします。育毛剤を試してみて効果がなかった、実感できなかったという人や何としても薄毛を治療したい方はAGA治療薬を使ったほうが治る確率は高いですし、費用を抑えることも可能です。

発毛実績で比較!東京のAGAクリニックランキング