東京のAGA治療クリニックガイド
東京のAGA治療クリニックガイド » AGA治療薬の効果 » フィンペシア

フィンペシア

「フィンペシア」はインドの製薬会社が販売するAGAの治療薬です。日本では認可されていないため、個人輸入するか代行業者から購入するしかありません。それでもフィンペシアを使うメリットはどこにあるのでしょうか。その効果と効能を紹介します。

フィンペシアの効能とジェネリックでない理由

フィンペシアはインドのシプラ社による薬で、AGAに効果のある有効成分「フィナステリド」が含まれています。フィナステリドには5α還元酵素(リダクターゼ)がテストステロンと結びつくのを阻害し、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を防ぎます。

フィナステリドはアメリカのメルク社による「プロペシア」という薬にも含まれており、本来はこちらが元祖で特許権を保有しています。

既に日本ではファイザー製薬や沢井製薬などからジェネリックのフィナステリドが販売されていますが、フィンペシアはジェネリックではありません。インドでは近年まで特許制度が定まっていなかったため、同等の薬を簡単に製造できたのです。

海外では発展途上国を中心に数多く流通しており、フィナステリドのもう一つの効能である前立腺の肥大を抑制する薬としても販売されています。シプラ社はインドで5本指に入るほどの大手製薬会社なので、決して怪しい薬ではありません。

ただし日本では厚生労働省に認可されておらず安全性も確認されていないため、AGAにしても前立腺肥大症対策にしても服用は自己責任です。万が一健康を損ねても「医薬品副作用被害救済制度」は利用できないので注意しましょう。

フィンペシアは認可されている薬より安い

リスクがありながらフィンペシアを用いるのは価格が認可されている薬より圧倒的に安いからです。

フィナステリドは抜け毛を防いでAGAの進行を遅らせてくれます。1日1㎎を最低でも3ヶ月以上服用しなければならず、1~3年かけてようやく生え際の前進や毛量の増加を実感できるくらいです。さらに服用を止めてしまうと、すぐ元通りになってしまいます。

このように長期の服用が前提となりますが、日本で認可されているプロペシアは高価です。

AGAは自由診療なので薬の価格はクリニックによって異なるものの、1㎎28錠入りが約6,500円~7,000円です。

1錠あたり240円前後します。ファイザーのジェネリックでもそれぞれ4,300円と6,000円で、1錠あたり170円前後です。毎月の出費を考えれば大きな負担であり、さらに診療代もかかります(※1)。

一方、フィンペシアは1㎎30錠入りがiDrugStoreは1,580円で1錠あたり約53円、オオサカ堂は2,064円で1錠あたり約69円です(いずれも送料込。2018年1月現在)。

プロペシアに比べると1/4以下の負担で済みます。そのため多少のリスクがあってもフィンペシアを選択するAGA患者が多いのです。

参考:『フィンペシア』iDrugStore

参考:『フィンペシア』オオサカ堂

フィンペシアのリスクとは?

フィンペシアには同じフィナステリドを含むプロペシアと同等の副作用があると考えられています。

服用している本人の副作用としては性欲の減退や勃起不全、射精障害、精液の減少が5%未満と比較的高い確率で起こります。

男性不妊症になる場合もあるので子づくりを考えているのであれば要注意です。まれに胃の不快感や肝機能障害、かゆみ、じんましん、抑うつ症などが起こる場合もあります。

また妊婦がフィナステリドを吸収すると、極めて高い確率で胎児が奇形になる恐れがあります。服用するのはもちろん、割れてフィナステリドが剥き出しになった錠剤に触れてもいけません。

性交渉は問題ないといわれていますが、血液を介するとリスクが大きいため服用から1ヶ月の献血は禁止されています。もちろん子どもが服用してもいけません。

前立腺への影響も懸念されます。異常を示すPSAの値が下がりやすいため、検査を受ける際には事前にフィナステリドを含む錠剤を服用している旨の申告が必要です。

日本では前立腺の治療薬として認可されておらず、1日1㎎を超える服用は却ってリスクを高めるとアメリカのFDA(食品医薬品局)では注意喚起を促しています。

フィンペシア特有のリスクとしてはコーティングに使われる「キノリンイエローws(黄色203号)」の発がん性が懸念されます。

タール性の着色料であり日本では食品などに添加されますが、気になるようであればキノリンイエローフリーのフィンペシアも販売されています。値段は同じでパッケージのデザインが通常は赤、フリーは緑です。

何よりも個人輸入は偽物を掴まされるリスクがあります。巧妙な偽物は本物と見分けがつかず、代行業者でも誤って販売してしまうほどです。調査会社に成分鑑定を依頼しているところであれば比較的安心できるでしょう。

発毛実績で比較!東京のAGAクリニックランキング