薄毛や脱毛でお悩みの方必見!東京のAGAクリニックBEST5

東京のAGA治療クリニックガイド » AGA治療薬の効果 » 自分に合ったAGAの治療方法とは

自分に合ったAGAの治療方法とは

AGAの治療方法のなかで、どれが自分に適しているのかは気になるところですよね。
そこで、代表的な「プロペシアの服用」「ミノキシジルの塗布」「自毛植毛」について解説します。

以下を参考にして、自分に最適な方法を見つけてくださいね。

AGAタイプ別治療法と代表的な医薬品の効果や使い方

「プロペシアの服用」「ミノキシジルの塗布」はAGAの代表的な薬効による治療法です。
以下で、それぞれが「どのようなAGAのタイプに適しているか」「どんな医薬品か」を解説してみました。

M型薄毛に適しているプロペシア

プロペシアは、生え際ラインのそり込み部分が薄くなりアルファベットのMのように見えるM型薄毛に適していると言われています。
M型薄毛は男性ホルモン(DTH)の作用が原因というのが有力な説です。
プロペシアの主用成分には、5αリダクターゼTypeⅡの抑制やテストステロンのジヒドロテストステロンへの変換防止をする働きがあるため、M型薄毛を防いでくれるそうです。
プロペシアは「飲む毛生え薬」とも呼ばれる内服薬で、適応対象は成人男性のみ。女性は服用できません。

ちなみに、このプロペシアは前立腺肥大症や前立腺癌の治療薬として開発されていました。その過程で副作用として異常発毛が見られたため、育毛剤としての研究開発がされました。
2005年12月に万有製薬(株)から発売され、現在も医療用医薬品であるため購入には医師の診断・処方箋が必要で保険適用外です。
AGAの状態はさまざまで人それぞれです。自分がM型薄毛でプロペシアの服用が適切かどうかは、専門医に相談してみることをオススメします。

プロペシアを処方しているクリニックや、AGA効果も掲載していますので参考にしてください。

O型薄毛に適しているミノキシジル

ミノキシジルは、頭頂部の髪の毛が薄くなってアルファベットのOのように見えるO型薄毛に適していると言われています。

O型薄毛は血行不良が主な原因だそうです。対処方法には頭皮の刺激や運動の習慣化、ストレスを解消するといった生活習慣の改善法もありますが、ミノキシジルの薬効を活用すると効果が早くみられます。
ミノキシジルは、毛細血管の拡張を促し血行を活発にするため増毛促進へ繋がるようです。
もともとは経口血圧降下剤として開発され使用されていましたが、その副作用として全身に多毛症を引き起こすことが発覚。そこで頭皮に対しての外用薬での研究がされ、男性型脱毛症に有効という結果が判明しました。

ちなみにはミノキシジルとは成分名で、「リアップ」というのが医薬品名。ミノキシジル1%を含有する外用発毛剤として、日本で唯一大正製薬から発売されています。市販薬品ですのでプロペシアとは違い処方箋なしで購入が可能です。

AGAの状態はO型薄毛型薄毛だけでなく、人によってはM型薄毛と複合型である場合もあります。
その際には、プロぺシアの服用とミノキシジルの塗布との併用も可能だそうです。

専門クリニックや、AGA効果も掲載していますので参考にしてください。

もうひとつのAGA治療方法自毛植毛

AGA治療方法のなかで、最近、認知度がアップしてきた自毛植毛に興味がある方も多いかと思います。ただ、最先端技術なので知識不足の人も多いのでは?

そこで、自毛植毛を考えている人が事前に知っておくと役立つ基本知識を解説してみました。

自毛植毛ってどんなこと?

男性ホルモンの影響は前頭部と頭頂部、また後頭部と側頭部でその違いがあると言われています。前頭部と頭頂部は男性ホルモンの影響を受け易く、AGAの進行が顕著になってくるのが一般的な症状です。

自毛植毛はその特性を活用して、男性ホルモンの影響を受けていない後頭部と側頭部の自毛を薄毛になった部分に移植する方法です。

移植した毛髪は人によっても差はありますが、1ヶ月に約1cmのペースで生え続けるそう。
今まで抜毛で悩んでいた人は「自分の髪が発育するはずが…」と、信じがたいことかもしれませんがまさかの朗報です。
手術後6ヶ月を経過すれば、次の移植治療が基本的に可能になるそうで複数回治療を重ねれば夢にまでみた「ボリュームのある自分の毛髪」を再現することができます。
いちど植毛してしまえば、その後の面倒なケアの必要がなく自然な仕上がりに。しかも、半永久的に生えてくるとあって、自毛植毛手術の定着率は90%を超えているとか。
また、自分の毛髪を移植するので、移植後の拒絶反応が少なく色や質感が自然な感じがカツラとの大きな違い。また、加齢とともに移植した髪がグレーヘアーにも変わっていくそうで、違和感がないのも魅力的ですよね。

どんな人に向いているの?

自毛植毛が向いているのは「プロペシアの服用」「ミノキシジルの塗布」でAGA治療効果が見られなかった人。また、AGAの症状がひどく進行した人や、発毛や育毛での改善まで時間をかけたくない人にもオススメでしょう。

頭皮や頭髪、頭の形などによっても、基本的な自毛植毛の向き不向きが分かるようです。
一般的に向いていると考えられる髪や頭皮は次のような状態といわれています。

  • 側頭部や後頭部の毛髪が健康でハリがある
  • 毛髪量の密度が高く多い
  • 髪の毛が天然パーマぎみである
  • 後頭部の頭皮がやわらかい
  • 縦長な頭の形である

反対に、横広がりな頭の形やケロイド体質の頭皮、傷口がみみず腫れになりやすい人には自毛植毛が不向きと考えられます。
横広がりな頭の形だと生え際に多くの自毛移植が必要ですし、頭皮が敏感だと移植後の傷が目立ち易い可能性があるためです。

また、21歳未満だと、残念ながら今スグの自毛植毛手術はできません。
将来のAGAのパターンが想定できないため、手術の時期は先に見送った方がよいようです。

以上はあくまで一般論ですので、専門医の適切な判断を仰ぎましょう。

自毛植毛の手法はどのくらいあるの?

現在日本で実施されている、自毛植毛の手法は「マイクログラフト法」または「フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)法」と呼ばれる2つが代表的です。

次に、それぞれの手法の解説いたしますので、参考にしてみてください。

  • マイクログラフト法
    まず、自毛が多く残っている側頭部や後頭部から頭皮ごと毛根組織(ドナー)を採取します。
    ドナーを毛髪1~2本ずつ1mm程度の小片(グラフト)に株分けし、薄毛部分に医療用針などで植え込んでいく手術がマイクログラフト法です。かなり小さなサイズなため、生え際などの細かい部分に採用されることが多いようです。
    細かい部分には、このマイクロ・グラフト植毛、広範囲でボリュームを出したい時は、サイズが少し大きいミニ・グラフト植毛と使い分けされます。
    グラフトは小さくなればなるほど、株分けが困難でその技術が計られます。
    ちなみに、ミニ・グラフト植毛はドナーを4~6本ずつ1~2mmのグラフトに株分けしものです。
    ドナーを採取した頭皮は、後で引き寄せ縫い合わせます。
  • フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)法
    フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション法は、マイクログラフト法と同様に側頭部や後頭部から頭皮ごと毛根組織(ドナー)を採取し、薄毛部分に植え込んでいく手術方法です。
    フォリキュラーユニットとは、「1~4本の髪毛、1~2本の産毛、皮脂腺、筋肉、毛穴を支える結合組織からなる小片(グラフト)」を意味する解剖学的単位のこと。
    そして、このフォリキュラー(毛包)・ユニットは、髪が頭皮で成長するための自然な単位でもあるそうです。
    そのため、フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)法は自然な仕上がりや毛髪の密度の高さだけでなく、非常に定着率の高い植毛法として定評があります。
    このフォリキュラーユニットは、微鏡がなければ判別することができず、採取や移植には高いと技術力が必要なのです。
 
ページの先頭へ
東京のAGA治療クリニックガイド