東京のAGA治療クリニックガイド
東京のAGA治療クリニックガイド » あなたはどれ?M字はげ・O型はげ・U型はげの症状

あなたはどれ?M字はげ・O型はげ・U型はげの症状

AGAには、男性ホルモンであるテストステロンが関わっています。テストステロンは頭皮に存在する「5αリダクターゼ酵素」と結びつきジヒドロテストステロンホルモンへ変化。毛髪の核とも言える毛母細胞の働きを抑制してしまうため、発毛や育毛に影響を与えてしまうのです。AGAになると、M字はげ・O型はげ・U型はげのいずれかを発症してしまいます。薄毛の種類別に特徴・原因・治療法について詳しくみていきましょう。

M字ハゲ

M字ハゲの特徴

M字ハゲは、額の生え際の両端が薄くなって行く症状のことです。額の真ん中側の髪は残っているため、まるで剃りこみを入れたような見た目になり、早い人では20代で発症するケースもあります。M字ハゲは気づかないうちにはじまり、進行が早いと言われている脱毛症。「最近抜け毛が増えたな」と思っても、見た目では毛量が変わらないため、気のせいだと済ませてしまう人も多いようです。M字はげになると、O型はげ・U型はげも併発する可能性があるため、抜け毛が気になりはじめたら注意しましょう。

M字ハゲの原因

M字ハゲは、男性ホルモンのテストステロンが頭皮の5αリダクターゼと結びついて毛髪に影響を与えることで発症します。この5αリダクターゼが多く存在する部位によって、はげの症状は異なるもの。M字ハゲの場合、額の両側に5αリダクターゼが多く存在するので、そちらにホルモンが集中してM字型の症状になってしまうようです。男性ホルモン以外にも、偏った食生活・喫煙習慣・運動不足・睡眠不足など生活の乱れが頭皮の環境に影響して、M字はげをより進行させてしまいます。

M字ハゲの治療

早い段階で皮膚科やAGA専門クリニックなどで診てもらうと、症状に合った治療をしてくれますよ。プロペシアやザガーロなどの内服薬や、ミノキシジル外用薬を使った治療のほか、生活改善指導を受けることもできます。症状が重い場合は、頭皮に育毛効果のある薬を注入する毛髪再生医療を取り入れているところもあるので、クリニックを選ぶ際の基準の1つに入れてみてはいかがでしょうか。日頃から予防するのであれば、生活習慣の改善や髪を健康にする食事を摂ることが大切です。

O型字ハゲ

O型字はげの特徴

O型ハゲは、頭頂部が薄くなる脱毛症です。てっぺんハゲ・つむじハゲとも言われています。頭頂部のつむじ部分から薄毛が円形に広がっていくのが特徴です。つむじとO型ハゲの見分け方は、つむじの場合だとあまり地肌が目立たないのに対して、O型ハゲは地肌が目立ちます。また、毛髪が細くハリやコシもありません。自分でつむじを確認するのは難しいので、気づいた頃にはかなり進行していたということもあります。以前よりも抜け毛が増えたり髪質が柔らかくなっていたり、または毛が細くなっていたりしたら気を付けましょう。

O型字はげの原因

O型ハゲは、頭頂部にある5αリダクターゼ酵素に男性ホルモンのテストステロンが反応して薄毛を招きます。また、頭皮の血流の悪さも原因の1つ。頭皮の血流が悪くなると髪に必要な栄養成分が運ばれなくなるため、薄毛が進行します。血流が悪くなる原因には、運動不足・睡眠不足・偏った食生活・ストレス・飲酒や喫煙など。これらの習慣がある人は、特に発症しやすいので注意が必要です。O型ハゲの初期症状としては抜け毛が多くなる・髪のハリやコシがなくなる・フケや皮脂量の増加が見られます。

O型字ハゲの治療

O型ハゲの治療には、クリニックで処方されるプロペシアやミノキシジルを使った治療がオススメです。早い段階で治療を受ければ大幅な改善の見込みが期待できます。O型ハゲの改善には、自分自身の生活を見直すことも大切です。納豆や大豆、乳製品など髪の毛を育てるためたんぱく質を多く含む食品をとり、睡眠時間も7~8時間は確保しましょう。適度な運動習慣を作れば、運動で血流が良くなり、頭皮をはじめ身体全体に栄養を運んでくれます。乱れた生活環境を整えることが、O型ハゲ改善への近道です。

U型字ハゲ

U型字はげの特徴

髪の生え際から頭頂部にかけて薄くなる段階をA型ハゲ、最終的に側頭部と後ろの髪を残してハゲることからU型ハゲと呼ばれます。ハゲの最終形態とも言われており、M字ハゲやO型ハゲよりも深刻な状況と言えそうです。U型ハゲの初期症状には、洗髪時に抜け毛が増える・細い髪の毛が増える・前頭部の生え際が後退する・生え際にかゆみがあるなどが見られます。進行が早いので、少しでも初期症状に当てはまるなら、対策を取った方が良いでしょう。

U型字はげの原因

U型ハゲは、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼと呼ばれる酵素がくっついてジヒドロテストステロンになることで発症。また、食生活もU型ハゲに影響を及ぼします。欧米型の肉中心の食事や脂っこい食事は頭皮の皮脂量を増加させて毛穴を詰まらせるうえに、5αリダクターゼが増える要因にもなるのです。さらに、仕事や私生活からくるストレスも頭皮に影響を与えます。食生活の見直しやストレスの適度な発散がU型ハゲの進行を防ぐために必要です。

U型字ハゲの治療

U型ハゲだと思ったら、AGA専門クリニックか皮膚科を受診して治療を受けましょう。AGA専門のクリニックなら、薄毛治療に効果のある薬プロペシアやザガーロのほか、育毛効果のある薬剤を頭皮に直接注入してもらえます。プロペシアやザガーロを使用した人のなかには、約3ヶ月で脱毛改善が見られた人もいるほどです。より治療の効果を高めるには、生活習慣の見直しや食生活の改善も必要。特に睡眠は重要で、髪が作られるのは夜の10時から深夜2時の間だと言われています。この時間帯に合わせて睡眠が取れるように生活を調整して行きましょう。

AGAでの薄毛タイプ別!おすすめの髪型

AGAになってしまった人にとって悩ましいのが、「どんな髪型をすべきか?」ということではないでしょうか。ハゲを隠そうとして選んだ髪型が、「逆にハゲを目立たせてしまっている」ということもありますので、髪型は慎重に選びたいものです。

ここでは薄毛のタイプ別におすすめの髪型をご紹介していきますので、AGAでお悩みの方は参考にしてみてください。

M字ハゲにおすすめの髪型

前髪の生え際がM字に薄くなってきている方におすすめなのがソフトモヒカン。サイドを短く刈り上げて、前頭部から後頭部にかけてボリュームをしっかりと残した髪型です。ソフトモヒカンにすると、サイドの髪の長さをM字ハゲの部分と自然に揃えることができるのでM字ハゲが目立たなくなりますよ。

とはいえ、「ソフトモヒカンにするのは仕事をする上でちょっとハードルが高い」と感じる方もいると思います。そんな方におすすめなのが、ショートレイヤーです。

ショートレイヤーとは、トップからフロントにかけて髪の長さに変化をつけた髪型です。トップは髪の長さが短く、フロントにいくにしたがって長くなっていくので、自然とM字にハゲている前頭部をカバーすることができます。前髪にゆるいパーマをかけてボリュームを出すと、オシャレな雰囲気になりますよ。

M字ハゲには坊主スタイルもおすすめです。坊主にするとM字のハゲてきている部分と髪の境界がぼやけるので、生え際の薄さなどが気にならなくなります。坊主スタイルといっても丸坊主にするのではなく、トップに少し髪を残すなどのアレンジをすると、カッコイイ感じに仕上がります。

ハゲてきている部分と髪の生え際の境界をぼやかすために、髪をカラーリングで明るくするという方法もあります。髪の色を明るくすることで生え際とおでことの境界がぼやけるので、M字ハゲが目立たなくなります。

AGAでM字ハゲになっていても、短めの髪型にすると生え際の薄毛をかなり目立たなくさせることができます。ソフトモヒカンやショートレイヤー、坊主スタイルなどM字ハゲをカバーできる髪型の中から自分に合うスタイルを探してみてください。

ちなみにM字ハゲが進行している方にNGな髪型はオールバックです。生え際の薄毛が強調されてしまいますので、オールバックはおすすめできません。

O型字ハゲにおすすめの髪型

頭頂部が薄くなっている方におすすめの髪型はオールバック。前髪を長めにして後ろに持っていくことで、頭頂部の薄さを目立たなくすることができます。

セットする際には後ろに持っていく前髪にボリュームをつけることを意識しましょう。ボリュームを出すことができずにペタッとなってしまうと、髪型が不自然になり頭頂部の薄さが余計に目立ってしまいかねません。ボリュームが出る長さに前髪を調整するのが難しいと感じる方は美容師に相談してみるといいでしょう。

オールバックにして薄毛をカバーできるかどうかは、前髪を十分に伸ばせるかどうかにかかっています。もしも頭頂部だけでなく前髪の生え際のほうも後退してきているようであれば、オールバックは避けたほうがいいでしょう。前髪が薄くなってきているのに前髪を後ろに持っていってしまうと、生え際の後退、もしくは薄毛がより強調されてしまいます。

前髪の生え際と頭頂部が薄くなってきているのであれば、全体を短くして薄毛を目立たなくさせるという方法もあります。「明らかにハゲてきているのに何とかごまかそうとするのは好きじゃない」という方は、一層のことスキンヘッドにしてしまうこともいいかもしれません。スキンヘッドにしてしまえばM字ハゲ、O型ハゲなど気にする必要がなくなるというメリットがあります。

「さすがにスキンヘッドにするのは勇気がいる」という方は坊主スタイルにしてみるといいでしょう。M字・O型ハゲが同時に進行している方でも、坊主スタイルであれば全体的に髪が短く刈り上げられているのでハゲている部分が目立たなくなります。

U型字ハゲにおすすめの髪型

髪型でカバーするのが一番難しいAGAのタイプがU型ハゲです。M字やO型の場合は髪の毛を前頭部や頭頂部から持ってくることができますが、U型の場合は側頭部や後頭部からしか髪を持ってくることができないため、自然な形で髪型をセットするのが難しくなります。

U型に頭がハゲてしまっている方の中には、側頭部や後頭部の髪を長く伸ばしてハゲている部分に持ってきてU型ハゲを隠そうとしている方もいます。しかし、そのやり方はおすすめできません。

自分では上手くハゲを隠せていると思っても、髪型が変に浮いていたりして違和感がありますし、セットが乱れたときにハゲている部分があらわになってしまうといったことがよく起こりえるからです。

AGAが進行して、すでにU字ハゲになってしまっている場合におすすめな髪型は、O型字ハゲと同じくスキンヘッドや坊主スタイルです。

スキンヘッドにしてしまえばU型ハゲなのか、O型ハゲなのか、M字ハゲなのか、そもそもハゲているのかを判断することができなくなりますので、AGAを隠すのにはベストな髪型といえるでしょう。

「でも、スキンヘッドにするのはちょっとハードルが高い」と感じる方もいるかもしれませんが、一度自分のスタイルとして確立すると、案外と周りも慣れてしまうものです。そうすれば、ハゲているということを気にせずに生活を送ることができるので、かなりラクになります。

それでも、スキンヘッドは勇気がないという方には坊主スタイルがおすすめです。側頭部や後頭部の髪を長く伸ばすよりも短く刈り上げることで、薄毛の部分との境界をぼんやりさせることができますよ。

ハゲを隠すために帽子をかぶるのはNG?

「帽子をかぶっているとハゲやすい」もしくは「ハゲが進行しやすい」ということを聞いたことがある方は少なくないと思いますが、実際のところは帽子をかぶることでハゲやすくなるという科学的根拠はありません。

ハゲを隠すためにかぶる帽子にはデメリットが多いと考えられていましたが、最近では頭皮環境を良い状態に保つために帽子をかぶることが勧められるようになってきています。

たとえば、帽子をかぶることで紫外線のダメージが頭部に加えられることを防ぐことができます。紫外線を直に浴びると、頭皮がダメージを受けて炎症したり、乾燥したりします。そうすると、髪の毛が抜けやすくなってしまいますので、帽子をかぶることはAGAの症状の進行を遅らせるのに有効な手段のひとつになります。

とはいえ、帽子のかぶり方を間違えてしまうと、AGAの進行を促してしまうこともあるので要注意です。帽子を選ぶ際には余裕があるサイズを選ぶようにしましょう。締めつけがキツイ帽子をかぶると、頭皮の血行が悪くなって髪を作り出すのに必要な栄養素を毛母細胞に供給することができなくなってしまう可能性があるからです。

また、帽子をかぶることで頭部が蒸れてしまっては頭皮環境として良くありませんので、帽子は通気性の良いものを選ぶようにしてください。もしくは専用のインナーなどをかぶって蒸れを防ぐことをおすすめします。

あなたのAGAはどこまで進行している?薄毛を分類別で確認しよう 

AGAの進行度合いを測る指標として欧米で広く用いられているのが「ハミルトン・ノーウッド分類」です。この分類は1945年にアメリカ人医師のJ・B・ハミルトンが指標を提示し、1975年に植毛外科医であったOT・ノーウッドが改定して完成した分類です。

AGAの進行度合いを分類する指標として40年以上前に完成した「ハミルトン・ノーウッド分類」がいまだに用いられているということは、これが非常に優れた分類法であることを物語っています。

9つに分類されているハミルトン・ノーウッド分類

ハミルトン・ノーウッド分類ではAGAの進行度合いに応じてⅠ型~Ⅶ型あり、加えて派生型のⅡvertex型、Ⅲvertex型があります。Ⅰ型~Ⅶ型は額の生え際から薄毛が進行していくタイプで、Ⅱvertex型、Ⅲvertex型は生え際の後退とVertex(頭頂部)の薄毛が併発するタイプです。 ここから、Ⅰ型~Ⅶ型、Ⅱvertex型、Ⅲvertex型がどんな状態なのか詳しく解説していきます。

額の生え際からM字型に後退していくⅠ型~Ⅶ型

≪Ⅰ型≫

AGAの診断基準となるのが、こめかみの剃り込みの部分の先端が頭頂線(頭頂部と耳の穴を結ぶ仮定の線)の前方2cmを超えて後退しているかどうかです。2cmを超えて額の生え際が後退していたらⅠ型、さらに後退しているとⅡ型、Ⅲ型と進行度合いによって判断されていきます。

Ⅰ型は額の生え際が少しM字状に後退してきているだけなので、気にしていないと気付かないことが多い状態です。とはいえ、この段階でAGAが進行していると気付いて対策を取るとかなりの確率でⅡ型、Ⅲ型に進んでいくのを防ぐことができます。

≪Ⅱ型≫

Ⅰ型よりも額の生え際がM字状に後退してきている状態で、自分自身でも薄毛が進行しているとはっきりと気付くレベルになります。

≪Ⅱvertex型≫

Ⅰ型よりも額の生え際がM字状に後退してきていて、同時に頭頂部にO型に薄くなっている状態です。 Ⅱvertex型は頭頂部のO型の薄毛はそこまで大きくなっていない段階なので前頭部の髪を後ろに流すことでカバーすることができますが、そのようにごまかしながら何も対策を打たないでいるとAGAがどんどん進行してしまう可能性が高くなるので、早めの治療を心がけましょう。

≪Ⅲ型≫

Ⅱ型からさらに進行した状態で、額部分が広がり生え際がはっきりとM字状にみられるようになります。Ⅲ型になると髪全体のボリュームもなくなってきてしまいます。

≪Ⅲvertex型≫

額部分が広がり生え際がはっきりとM字状にみられ、頭頂部のO型の薄毛もⅡvertex型よりも広がってきている状態です。

≪Ⅳ型≫

Ⅲ型から額の生え際がさらに後退し、同時に頭頂部にO型の脱毛がみられる状態です。

≪Ⅴ型≫

前頭部の髪型がどんどん後退していき、頭頂部にできたO型の脱毛との間にわずかに髪の毛が残っているだけの状態です。

V型まで進行してしまったら、側頭部や頭頂部周辺の残っている髪の毛を伸ばして薄毛を隠そうとするよりも髪を短く整えたほうがすがすがしく爽やかにみえます。

≪Ⅵ型≫

Ⅴ型からさらに薄毛が広がりO型の脱毛がみられていた部分と完全に一体化して後頭部まで髪の毛もなくなってしまった状態です。

Ⅵ型まで進行している方の中には、側頭部の髪の毛を伸ばして頭頂部の薄毛をカバーしようとする方もいますが、バーコード状になる可能性が高く、結局薄毛をカバーできないことがほとんどです。そのため、側頭部に残っている髪の毛を剃ってスキンヘッドのようにしたほうが見た目はよくなるでしょう。

≪Ⅷ型≫

Ⅵ型がさらに進行していって側頭部の残りの髪の毛も徐々に量が減ってきている状態です。AGAが最も進行した状態になります。

日本では高島分類が一般的

日本のAGA治療の現場で一般的に使われてる分類は「高島分類」です。

「高島分類」はハミルトン・ノーウッド分類に皮膚科医・高島医師がアレンジを加えてできたもの。アレンジされた理由としては、欧米人と日本人では薄毛が進行していく部分に違いがあり、ハミルトン・ノーウッド分類だけでは日本人男性のAGAを十分に分類することができなかったからです。

そのため日本では、「高島分類」がAGA治療の現場で一般的に使われています。高島分類はⅠ型~Ⅶ型+Ⅱvertex型、Ⅲvertex型に日本人特有のAGA進行パターンⅡa型~Ⅴa型を加えているところにあります。

高島分類では前頭部から薄毛が進行していくAGAの最初の段階をⅡa型として、進行度合いによってⅤa型まで分類しています。ここでは、高島分類のⅡa型~Ⅴa型がどんな状態なのか詳しく解説していきます。

≪Ⅱa型≫

額の生え際が頭頂線の前方2cmを超えて後退しているⅠ型がさらに進行して、剃り込み部分だけでなく前頭部も薄くなってきている状態がⅡa型です。

前頭部が薄くなって生きているとはいえ、髪型をショートレイヤー(トップからフロントにかけて髪の長さに変化をつけた髪型)にすると額の生え際の薄毛をうまくカバーすることができます。Ⅱa型~Ⅴa型のAGAになった場合には、髪型を短めにすると薄い部分と髪がある部分との境界がぼやけるので薄毛を目立たないようにすることができます。

≪Ⅲa型≫

Ⅱa型がさらに進行して前頭部が後ろに後退している状態です。額の生え際はM字型にまだかすかに残っている状態なので、前髪にパーマをかけてふわっとボリュームを出すことで、前頭部の薄毛を何とかカバーすることができます。とはいえ、ここでAGA治療をしておかないと発毛・育毛するまでに時間が長くかかる可能性が高くなってしまいます。

AGA治療を始めても効果がでるまでには一定期間かかるので、まだ髪の毛が残っているこの段階で髪型を坊主スタイルにしてしまう方もいます。坊主を自分のスタイルとして一度確立してしまえばAGAがさらに進行していっても薄毛がそれほど目立たなくなるというメリットがあります。

≪Ⅳa型≫

額の生え際のM字型でもなくなってしまい前頭部が額から薄くなっている状態です。この状態になったら残っている髪の毛を伸ばして前に持ってくることを考えるよりも、髪の毛を短く刈り揃えていったほうが潔くみえます。

≪Ⅴa型≫

額の生え際の後退が頭頂部にまで達してしまっている状態です。Ⅴa型は薄くなっている部分にもわずかに軟毛が生えてはいますが、Ⅴ型に比べると頭頂部周辺の髪の毛の量は少なくなっています。 高島分類ではⅤa型がさらに進行するとハミルトン・ノーウッド分類のⅥ型になるという分類にしています。

日本皮膚科学会・男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

AGA専門のおすすめクリニック

表参道スキンクリニック

住所 東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4F
診療時間 月・火・木・金・土11:00~20:00/日・祝10:30~18:00
休診日 水曜
治療の特徴 表参道スキンクリニックのオリジナル発毛プログラム「ヘアジニアスプログラム」を提供しています。オーダーメイド処方と頭皮治療を組み合わせており、患者一人ひとりに合った施術をしてくれますよ。治療を受けた99%の患者が効果を実感しているほどです。

湘南美容外科クリニックAGA新宿院(旧:ルネッサンスクリニック)

住所 東京都渋谷区代々木2-2-13新宿TRビル4F
診療時間 10:00~19:00
休診日 要問合せ
治療の特徴 美しく自然に見える植毛を勧めています。最新の植毛ロボットARTASはメスを使わないため、傷をつけずキレイに毛根を採取して移植。1度植毛をした毛は、永久的に生え続けるので、深刻なAGAの症状に向いている治療法です。

銀座HSクリニック

住所 東京都中央区銀座8‐9‐15 5F
診療時間 年中無休
休診日 年中無休
治療の特徴 特殊な電気を使って成長因子を毛根に浸透させる「HS式ノーニードルセラピー」を用いて施術してくれます。高濃度の成長因子が生きたまま毛根まで届き、毛髪の成長を助けてくれるそうです。早い人では、約3~5ヶ月で大きな変化を感じられるとのこと。

東京AGAクリニック

住所 東京都渋谷区渋谷1-7-4青山小林ビル4F
診療時間 11:00~19:00
休診日 年中無休
治療の特徴 オーダーメイド処方とAGAメソセラピーを組み合わせた治療を提供。クリニックオリジナル配合の薬液カクテルを頭皮に直接注入して発毛の働きを活発にすることで毛髪の成長を促します。痛みがなく、10~15分ほどで施術完了するため、忙しい人でも通いやすいクリニックです。

HARG治療センター

住所 東京都新宿区西新宿1-4-10 満来ビル4F 桜花クリニック
診療時間 月~木10:30~19:00/金~日10:30~19:30
休診日 年中無休
治療の特徴 毛髪再生医療の最高峰「HARG療法」を実施しているHARG治療センター。頭皮の下にある細胞に働きかけることで、発毛を促す治療法です。頭皮にメスを入れないため、負担をかけずに発毛できますよ。
発毛実績で比較!東京のAGAクリニックランキング