東京のAGA治療クリニックガイド
東京のAGA治療クリニックガイド » AGAに関するお悩みを解決するQ&A » AGAはなぜ早期発見が重要?

AGAはなぜ早期発見が重要?

薄毛が少し気になっていても、病院に行こうとする人はそう多くありません。かなり薄毛が進行してから焦ってきて、やっとAGAかと疑う人がほとんどです。

しかし、AGAは発見が遅れてしまうと、治療も難航してしまいます。逆に早期発見すると、あまり酷くならずに、フサフサの毛髪に戻れることが多いです。では、なぜAGA治療では早期発見が大事なのか解説していきます。

AGAでない状態だと毛髪は十分に成長してから抜け落ちる

人間の毛髪は、たえず生え替わっています。古くなった毛が抜けて、また同じ毛母細胞から新しい毛が生えてくる仕組みです。

AGAになっていない人でも、抜け毛はあります。しかし、すぐに新しい毛が生えてくるため毛量が減ってしまうことはありません。

生えてきたばかりの毛髪は非常に細いです。成長するに従って太くなっていきます。

ある程度成長すると、成長が止まりさらに太くなることはありません。しばらくすると抜け落ちて、同じ毛母細胞から新しい毛が生えてきて、同じように成長していきます。

AGAでない人の場合には、抜け落ちた毛髪を見てみると、十分に太いことが確認できるでしょう。きちんと成長して寿命を全うしたことが分かります。

AGAだと毛髪が成長しきらないまま毛髪が抜け落ちる

AGAになると、毛髪が生えてきて成長してから抜け落ちるというサイクルが乱れてしまいます。AGAの初期段階では、毛髪自体は生えてきますが、抜けるのが早いです。十分に成長しきる前に抜け落ちてしまいます。

抜け落ちてもすぐには新しい毛が生えてきません。しばらくすると、同じ毛母細胞から新しい毛が生えてきますが、またすぐに抜け落ちてしまいます。

その結果、頭髪が薄くなってしまうのです。抜け毛を見てみると、細い毛が多いことが確認できます。毛髪が成長して太くなる前に抜け落ちている証拠です。

AGAの場合には、主に前頭部と頭頂部で毛髪の成長サイクルが乱れます。薄毛に悩んでいる人の多くは、前頭部か頭頂部の毛量が減っているでしょう。側頭部と後頭部はAGAの影響を受けないことが多いです。

AGAは毛母細胞が生きているうちに治療を開始する

毛髪の成長サイクルが乱れていても、まだ毛が生えてくるうちは毛母細胞が死んでしまったわけではありません。

しかし、毛母細胞が毛を生やして成長させられる回数は限られています。AGAは放置しておくと進行してしまうため、現在のところ毛母細胞が生きていても、いずれ死んでしまう可能性もあるでしょう。

AGA治療は毛母細胞が生きているうちに開始することが大切です。AGAが進行する速度は個人差がありますが、たいていの人はかなり早く進行してしまいます。

AGAを疑いつつも、クリニックに行くのを後回しにしていると、その間もどんどん進行してしまい、毛母細胞が寿命を迎えてしまうことも多いです。

AGA治療は効果が顕れるのに時間がかかる

AGAは進行するのが早い一方で、治療効果が顕れるのは遅い傾向にあります。治療を開始してほとんど良くならないと感じていても焦ってはいけません。時間をかけて治療していく必要があります。

比較的早く効果が顕れる人でも、3ヶ月はかかるでしょう。遅い場合には数年程度かかることもあります。

特にAGAがかなり進行してから治療を開始した場合には、効果が出るまで時間がかかりやすいです。逆に早期発見して早い段階で治療を開始していれば、効果が顕れるのも早い傾向にあります。

薄毛を認識しつつも、クリニックに足を運ぶとなると、なかなか腰が上がらない人も多いでしょう。恥ずかしいと思ってしまう人もいれば、費用が気になってクリニックに行くのをためらう人もいます。

しかし、治療を開始するのが遅れれば、どんどん薄毛が進行して、もっと恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。AGAが進行してしまってから治療を開始すると、費用の面でも負担が大きくなります。

早期発見して治療を開始することが、精神的なダメージも費用負担も小さくて済むのです。

AGAかどうか自分で簡易チェックして早期発見

自分がAGAかどうか気になっている人は簡易チェックをしてみましょう。以下の項目に当てはまればAGAの可能性があります。特に上4つの項目に当てはまる場合にはAGAの疑いが濃厚です。

当てはまる項目が多いのであれば、一度クリニックに足を運んで検査を受けてみるといいでしょう。早期発見に繋がります。

発毛実績で比較!東京のAGAクリニックランキング