東京のAGA治療クリニックガイド
東京のAGA治療クリニックガイド » 悩めるAGAを発生させる原因 » 過剰な頭皮ケアがAGAを進行させる!正しい頭皮ケアとは

過剰な頭皮ケアがAGAを進行させる!正しい頭皮ケアとは

AGAになるのは「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンが髪の発毛を阻害するからです。けれども過剰な頭皮ケアもAGAを進行させる原因の一つです。どうしてなのか、正しい頭皮ケアと併せて詳しく紹介しましょう。

過剰な頭皮ケアは頭皮にダメージを与える

AGAに関わらず、髪の毛が生えてくるためには頭皮環境を整えるのが大事です。何らかの理由で乱れていると、せっかくAGAの治療をしても思ったような効果を得られなかったり、却って進行させてしまう恐れがあります。

過剰な頭皮ケアもその一つです。例えば洗髪は汚れを落として髪の毛や頭皮を清潔な状態に保てますが、「よく汚れが落ちるだろう」と頭皮をゴシゴシこするのは過剰です。同様に爪を立ててもいけません。

これらはすべて頭皮にダメージを与える行為です。頭皮をゴシゴシこすると傷がつきます。洗髪に限らずマッサージでも力を入れてこすっても同じです。

またシャンプーを泡立てず直接頭皮につけたり、長時間つけたままにしたりするのもNGです。髪の毛を濡らしたまま自然乾燥させるのも良くありません。

これらの行為がNGな理由は、頭皮を顔の皮膚に置き換えると、いずれも良くないことだと分かるはずです。

シャンプーの量もつけ過ぎると必要な皮脂まで取り過ぎてしまいます。また、頭皮が濡れたままでは雑菌が繁殖しやすくなるでしょう。

ダメージを受けた頭皮は、バリア機能が衰えて紫外線をはじめとする外部からの刺激を受けやすくなります。そして自らを保護しようと、皮脂を過剰に分泌したり頭皮を硬くしたりするのです。

皮脂が過剰だとミノキシジルを頭皮に塗布しても浸透してくれないですし、頭皮が硬くなれば血行が悪くなって発毛に必要な栄養が十分に行き渡りません。

頭皮に優しい洗髪やマッサージとは

頭皮ケアはあくまでも頭皮に負担をかけないように優しく行うのが理想です。洗髪であればいきなりシャンプーを使うのではなく、まずは40℃以下のぬるま湯だけで汚れを落とします。

短くでも2分、長ければ5分ほどかけましょう。これで8割方の汚れは落ちるはずです。

次にシャンプーを手のひらで泡立ててから頭に乗せ、指の腹で頭皮や髪の毛にもみこむよう優しく洗います。シャンプーは男性用を使い、長くても1分以内にぬるま湯ですすぎます。シャンプーが残らないよう丁寧にすすぎましょう。

男性用を使うのは皮脂の洗浄力があり、血行を促進する成分を配合しているものが多いからです。男性ホルモンの分泌を抑えてくれるシャンプーもあります。

乾かすにはドライヤーを使いますが、あまり近づけると頭皮が温風でダメージを受けるので20㎝以上離すのが理想です。1ヶ所に集中させず風の向きを変えながら、満遍なく乾かします。

まだ1~2割ほど濡れているタイミングで止めれば頭皮に必要な水分を残せるでしょう。急いでいるときはあらかじめタオルで髪の毛の水分を抜いておくと時短になります。

マッサージは、指の腹を使って頭皮を押したり動かしたりするのが基本です。長くても1日5分以内にとどめ、自分で気持ちいいと思えるくらいの力で押しましょう。

頭皮を押すと、血管が強化されて血流が良くなり発毛の促進が期待されますが、強すぎると逆に頭皮を傷めてしまいます。

マッサージをするのは洗髪前のクレンジングや、髪が濡れた状態で育毛剤を塗布するとき、仕事の合間など好きなタイミングで構いません。

生活習慣の見直しで頭皮環境を整えよう

頭皮環境を整えるには毎日のケアも大切ですが、まずは生活習慣を見直すことも必要です。体に良くない生活を続けていると、やはり頭皮環境が乱れてしまい、発毛のための栄養も届かなくなってしまいます。

まずは食生活です。皮脂を過剰にする脂質や糖質は控えます。お腹いっぱい食べるのも摂り過ぎる原因になるので、腹八分目を心がけましょう。

逆に髪の毛や皮膚の材料となるタンパク質やアミノ酸を多く摂ります。例えば鶏の胸肉は皮を除くとヘルシーです。

青魚は細胞や毛根に役立つDHAやEPAも豊富なので積極的に食べましょう。ミネラル分では5αリダクターゼを抑制する亜鉛が欠かせません。牡蠣をはじめリノール酸も豊富なクルミやビタミンEを含むゴマからも摂れます。

次に睡眠です。人間の体は眠っている間に成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が活発になります。

特に22時から2時までの「ゴールデンタイム」に眠るのが理想とされています。仕事の都合などで難しい場合は、最初の3時間を深く眠れるようにしましょう。その間に成長ホルモンが多く分泌されるからです。

深く眠れるようになるには副交感神経を優位にするのがポイントです。睡眠前に入浴したり、リラックスしたり、1時間前にはテレビやパソコン、スマートフォンなど光の刺激を遮断したりするのが効果的です。

そして喫煙や飲酒もできるだけ控えます。特に喫煙はタバコに含まれるニコチンが血管を収縮したり、ジヒドロテストステロンを増やしたりするなどAGAには良くないことばかりです。

飲酒は糖質の摂り過ぎや髪の毛に必要な「シスチン」という成分の消費につながります。ただでさえ内服薬のフィナステリドは肝機能を低下させる副作用があるので、AGAの治療中は飲酒自体がリスクです。

喫煙なら最近ではニコチンが含まれていない液体式の電子タバコがあります。また医療機関でも専門外来を設けて禁煙をサポートしています。

飲酒であれば回数や量を控えると共にビールや日本酒など糖質が多いのは避け、ウイスキーや甲類焼酎、糖質ゼロの発泡酒など少ないものを選びましょう。

過剰な頭皮ケアは頭皮を傷めて髪の毛の成長を阻害するため、結果としてAGAを進行させる原因になることがわかりました。

洗髪もマッサージも過剰にならないよう正しい方法で丁寧に行いましょう。また生活習慣の見直しも頭皮環境を整える上で効果的です。健康的な食事や睡眠を心がけ、喫煙や飲酒はできるだけ控えましょう。

発毛実績で比較!東京のAGAクリニックランキング