東京のAGA治療クリニックガイド
東京のAGA治療クリニックガイド » 悩めるAGAを発生させる原因

悩めるAGAを発生させる原因

目次

AGAの原因は、遺伝が原因だったり生活習慣が関係していたりと人によってさまざまです。ここではAGAの原因について紹介しています。最近薄さが気になってきたと人は薄毛の原因を考え、改善にお役立てください。

ジヒドロテストステロン(男性ホルモン)

男性ホルモンの1種であるジヒドロテストステロンは、AGAに大きく関係します。ここではジヒドロテストステロンが原因で発生するAGAについてまとめました。

ジヒドロテストステロンとは

ジヒドロテストステロンは男性ホルモン「テストステロン」と酵素である「5αリダクターゼ」が結合して発生します。簡単にいうと、テトステロンが姿を変えたものが、ジヒドロテストステロンです。薄毛の原因になるのはあくまでジヒドロテストステロン。つまり、テストロンと5αリダクターゼが結びつくこと自体を防げば、薄毛の進行を抑制することにもつながります。

ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼによって作られる!?

「テストステロン」と「5αリダクターゼ」が結びつくことによって発生するジヒドロテストステロン。発毛を抑制し、薄毛へと繋げる成分です。こちらでは、ジヒドロテストステロンと5αリダクターゼの関係性について紹介します。

「5αリダクターゼ」が薄毛の原因に!?

テストステロンは、個人差がなく誰もが同じ量を持っていると言われています。しかし、5αリダクターゼは人によって多かったり少なかったりと個人差があるもの。5αリダクターゼが多い人ほどジヒドロテストステロンも増え、薄毛になる確率が高まってしまうことになります。髭が濃かったり、胸毛が濃かったりする人は5αリダクターゼが多い人と言えるでしょう。

5αリダクターゼは2種類ある

5αリダクターゼには型が2つあり1型よりも2型の方がジヒドロテストステロンを多く作る働きがあるようです。

1型…髭やわき毛、陰毛や頭髪にまばらに存在しています。ジヒドロテストステロンを作り出す作用をもっていますが、2型に比べると作用は小さいようです。

2型…主に前頭部から頭頂部にかけて存在。2型が多いと前頭部や頭頂部が薄くなり、AGAにつながりやすくなります。1型よりも毛根を刺激する作用が大きいのも特徴です。

AGAの症状は前頭部・頭頂部の薄毛が目立ち、側頭部や後頭部の毛は残っているパターンが多くあります。これは1型と2型が存在する位置が異なっていることに原因があるようです。

遺伝が大きく関係する

ドイツで行われた研究によれば、「常染色体優性遺伝」がAGAの大きな原因となると判明。AGAの原因は必ずしも遺伝ではありませんが、親から子へAGAになりやすい体質が遺伝するのはよくあることだそうです。5αリダクターゼの活性因子を持つ遺伝子を親が持っていると、遺伝によってAGAになりやすい体質になります。この活性因子を持つことができるのは母親のみで、「X染色体」だけに存在。母親もしくは母方の祖父が薄毛であれば、子どもも薄毛になる可能性が高いのです。

遺伝が原因のため対策が難しいジヒドロテストステロン

ジヒドロテストステロンは遺伝によって量が決まると言われています。そのため、個人差が大きく薄毛になりやすい人となりにくい人がはっきりするのです。もちろん、生活習慣やストレスなどが原因となっている場合もあります。しかし、遺伝による薄毛だった場合、自分で対策をとるのはかなり難しいもの。「遺伝が原因」と言われると、「じゃあどうすれば良いの?」となりますよね。解決への近道は、AGA専門のクリニックで相談し、自分に合った治療を受けること。必ずしも遺伝が原因ではありませんが、その可能性がある以上、きちんと医師に診てもらうのが最善と言えるでしょう。

遺伝(常染色優性遺伝)

AGAの原因はさまざまですが、そのひとつに「遺伝」があります。遺伝が原因で薄毛になる確率は全体の25%程度だそう。 ここでは遺伝する条件や遺伝子そのものについてまとめました。

AGAが遺伝する条件は?

AGAは親から子へ遺伝する場合があります。遺伝するにはいくつかの条件があるようです。その条件についてまとめているので、チェックしてみてください。

敏感な遺伝子を持つアンドロゲン受容体に注意

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、正常な髪の成長サイクルを乱すことによって薄毛になります。ジヒドロテストステロンが多ければ多いほど、髪の毛の成長を止め、十分な発毛ができなくなってしまうのです。髪の毛の細胞に存在するアンドロゲン受容体にジヒドロテストステロンが結合すると、毛の生産は減少。このアンドロゲン受容体が敏感な遺伝子であるか、そうでないかで薄毛の症状の度合いが決定されるようです。またアンドロゲン受容体が敏感かそうでないかは遺伝によって決まります。

活性度の高い5αリダクターゼはAGAに繋がりやすい

5αリダクターゼとテストステロンが結合して薄毛の元となるジヒドロテストステロンが発生する仕組みになっています。よって、5αリダクターゼの活性度が高ければ高いほど高確率でAGAが発生しやすいのです。5αリダクターゼの活性度は遺伝によって決まるそう。つまり、アンドロゲン受容体の敏感度が高い遺伝子と5αリダクターゼの活性度が高い遺伝子を持ち併せている人は、AGAの発症が極めて高いと言えるでしょう。

AGAが遺伝しやすい人って?

AGAには遺伝しやすい人とそうでない人が存在します。ここでは遺伝しやすい人の特徴について紹介しているので、チェックしてみてください。

母親の持つアンドロゲン受容体によって決まる?

アンドロゲン受容体は母親から受け継がれると言われています。もし母親の持つ遺伝子が敏感であれば、子どもの持つアンドロゲン受容体も敏感になる傾向。そもそも男性は母親からX染色体、父親からY染色体を受けてこの世に生まれてきます。しかし、アンドロゲン受容体に影響するのは母親の持つX染色体のみ。よって母親のアンドロゲン受容体が敏感かそうでないかでAGAに遺伝しやすいかどうかが決まるのです。母親が薄毛でなくても、その遺伝子を持っていることは十分に考えられます。母方の祖父が薄毛だとしたら、母親の受容体は敏感だと考えられるでしょう。両親からもらった遺伝子なので「なぜこうなったのだろう…」と落ち込むのではなく、専門医師の力を借りながらどうやったら改善されるか、また現状と上手く付き合う方法はないか考えてみましょう。

両親のどちらかが5αリダクターゼの活性度が高い遺伝子を持っている

「母親もしくは祖父は薄毛ではないから大丈夫」だと考える方もいると思いますが、5αリダクターゼは母親と父親の両方の遺伝子から受け継がれる可能性があります。しかも、優先して遺伝されるのは5αリダクターゼの活性度が高いほうなのです。そのため、どちらか一方が弱い遺伝子を持っていてももう一方が強ければ、AGAが発症しやすい体質になってしまう可能性が高くなります。

心配な場合は無料カウンセリングへ

「両親が薄毛だから心配…」「最近ちょっと薄くなってきた?」と不安に思っている方もいるのではないでしょうか。両親の遺伝子が原因の場合もありますが、それが100%というわけではありません。遺伝によって薄くなったとしても、薄毛が悪化する前に治療薬を飲んだり生活習慣を改善したりすればAGAを改善できる場合もあるのです。不安だという方は1度AGA専門のクリニックでカウンセリングを受けてみるのがおすすめ。不安なままでいると、それがストレスにつながり、薄毛の悪化に繋がることもあります。AGA専門の医師は今までに何人ものAGA患者を診ているプロフェッショナル。頭皮の状態を診て貰うことによって早めに対処できるうえに、不安も解消されますよ。

ストレス

ストレスが溜まってしまうとAGAを発症することがあります。解消できずに溜まり続けることによって体質が変化し、薄毛に繋がるのです。ストレスとAGAの関係性やストレスを減らす方法などを紹介します。

AGAとストレスの関係

人間は仕事やプライベートなどでストレスを受けることによって自律神経が乱れてしまいます。その結果、血流が悪くなったり筋肉が凝り固まったりする現象が発生。頭皮の血管は他の体の部位よりも細いため血行不良になりがちです。発毛と大きく関わりのある毛乳頭に栄養が行き届かなくなると、うまく髪の毛が作られず薄毛に繋がります。

ストレスを減らすには

積もり積もってしまったストレスを減らすにはどうしたら良いのでしょうか。ここではストレス減らす方法を4つ紹介します!

リラックスする時間を作る

仕事で忙しいとついリラックスできる時間が持てなくなります。しかし、そのままではストレスが溜まっていくだけ。ストレスから開放される時間を作り、ストレスの元となる仕事のことは考えないようにしましょう。残業しない、あるいは残業しない日をつくるなどして早めに帰宅することも大切です。仕事中であれば、忙しくて休憩時間を確保できないこともあるかもしれませんが、短時間でも休息を取るとストレス発散できるうえに、仕事の効率も高まります。

心から好きなことをする・見つける

好きなことを行うことはストレス発散に繋がります。仕事が忙しいとなかなか好きなことや趣味にあてる時間が取れないかもしれません。休みの日はスポーツをしたり、ウォーキングをしたりして体を動かすのもストレス発散になります。また、趣味がない人は見つけることから始めましょう。いつも電車で帰宅するところを、景色を楽しみながら歩いて帰るだけでも気分転換になりますよ。

深呼吸

深呼吸をするとストレスによって浅くなった呼吸が整ったり、乱れた自律神経を整えたりすることができます。体内にたっぷり酸素を取り入れると頭にも酸素が行きわたり、すっきりした状態にしてくれるのです。また、忙しいときに乱れてしまいがちな心を落ち着かせてくれる効果も期待できます。「ちょっと疲れたな…」と感じたときこそ、深呼吸をするようにしてみましょう。

睡眠をとる

脳が疲れていると、ストレスを感じやすくなってしまいます。たっぷり睡眠をとり、脳を休ませましょう。「寝るだけでストレス解消されるの?」と思いがちですが、睡眠は最適なストレス解消法なのです。

ストレスが軽減してもAGA進行が止まるわけではない

AGAの対策としてストレスを解消することはとても重要です。しかし、ストレスが無くなったからと言ってAGAが完全に改善するわけではありません。ストレスはあくまでAGAを進行させる原因の1つ。進行を遅らすことはできますが、完全に改善することは困難です。AGAを疑ったとき、まずは早めに診察してもらうのがベスト。AGAは進行性であるため放っておくとどんどん進行してしまいます。状態悪化が進んでしまう前に診てもらえれば、最小限の治療で効果を得ることが期待できるでしょう。

生活習慣

普段の生活習慣の中にAGAの原因が隠れていることがあります。薄くなり始めたばかりの頃なら生活習慣を見直せば改善できるケースが多いほど、AGAと生活習慣は密接に繋がっているのです。

ここでは薄毛の4つの原因について紹介しています。

食生活の乱れ

食生活は髪の毛に大きな影響を与えます。日々何気なく口にしているものが原因で抜け毛や薄毛になっていることがあるかもしれません。 肉類や卵、バターやチーズなど動物性脂肪が多く含まれているものを摂りすぎると、過剰に皮脂が分泌して毛穴が詰まってしまいます。

また、刺激の強い辛い食べ物や糖分の多い食べ物も皮脂の分泌を促すので、食べ過ぎに注意が必要です。 脂質の高い食事を避けるのはもちろん、お腹いっぱいになるまで食べないようにすることも薄毛改善に繋がります。また、髪の毛を作るタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれる魚や野菜類などを積極的に摂るようにしましょう。

睡眠不足

睡眠とAGAには深い関わりがあります。そもそも人間は睡眠時に体全体の成長ホルモンが分泌されるため、睡眠をとらずにいると髪の成長も抑制してしまうのです。特に22時~2時の間は成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯。この時間帯に眠るとコシとツヤのある髪が生えやすくなるので、意識してみるといいでしょう。

しかし、仕事や生活スタイルによってどうしても22時に就寝できない人もいると思います。その場合は週に2~3回は22時に寝るといった実現可能な目標を立てて、睡眠時間を確保してみましょう!

喫煙

喫煙は発毛に悪い影響を与えてしまいます。タバコに含まれているニコチンを摂取すると、頭皮の毛細血管が収縮。毛根にある発毛と深い関わりのある毛母細胞に栄養が行き届かない状態になってしまいます。そのため発毛する力が弱まり、髪の毛の成長を止めてしまうのです。

禁煙するのは簡単ではありませんが、1日に吸う量を少しずつでも減らす意識をしてみるといいでしょう。髪の毛はもちろん、体全体を健康な状態にしてくれるので一石二鳥ですよ。

飲酒

お酒に大量に含まれている糖が原因で、AGAが進行してしまうことがあります。糖は人間の体内に入ると脂肪に変換されてしまうため、皮脂となり頭皮の毛穴を詰まらせる原因に。また、お酒を飲むと肝臓にアセトアルデヒドという有害物質が発生してしまいます。この有害物質を分解するには髪を構成している物質シスチンという栄養素が必要。シスチンが飲酒によって大量に消費されてしまうことによって、薄毛になってしまいます。

頻繁に飲む習慣のある人はなるべくお酒は控えるようにしましょう。どうしても飲みたい、あるいは付き合いで飲まなければならないといった場合は糖質が低いお酒を選ぶのも1つの手です。

進行を遅らせるが、根幹の改善にはならない

食事や睡眠、飲酒や喫煙といった生活習慣の乱れは、AGAに大きく関わること。そのため、健康的な生活習慣を心がけることはAGAの改善にも繋がります。「薄くなり始めたかな?」と気づいたなら、一度生活を振り返ってみましょう。しかし、抜け毛や薄毛が進行している場合だと、生活習慣を見直すだけで改善するのは難しいかもしれません。もちろん進行を遅らせたり、髪の健康を保ったりする効果が期待できます。

しかしAGAの改善には、生活習慣の改善と一緒にクリニックで治療を受けることをおすすめします。専門の治療を受けることで、より高い効果を期待できますよ。自己判断せずに専門医師の指導を受けて、AGAを改善しましょう!

まずは無料カウンセリングのできる
AGAクリニックを探す

発毛実績で比較!東京のAGAクリニックランキング