東京のAGA治療クリニックガイド
東京のAGA治療クリニックガイド » AGAは女性も発症する!FAGAの原因を調査 » AGAとよく似た女性の脱毛症を調査

AGAとよく似た女性の脱毛症を調査

女性の脱毛症

女性の脱毛症のなかには、AGAと似ているものもあれば原因が異なる脱毛症もあります。脱毛症の種類を知って、自分に合った改善方法を見つけましょう。

女性男性型脱毛症(びまん性脱毛症)

40代後半以降の女性に多く見られる脱毛症です。男性ホルモンが影響して起こる男性型脱毛症AGAの女性版とも言えます。AGAと区別するために、FAGAとも呼ばれていますよ。症状は頭全体に現れますが、とくに前頭部から頭頂部にかけて薄くなりがち。

また、体毛が濃くなるのも特徴です。 通常は、男性ホルモンと女性ホルモンが体内でバランスを保ちながら存在しています。けれど、加齢や生活習慣の乱れによってホルモンのバランスが崩れると、男性ホルモン優位になってしまい脱毛や薄毛を発症してしまうのです。過剰なカラーリングやゴシゴシと強く洗髪し過ぎるのも、脱毛を悪化させる原因になるため控えるようにしましょう。

改善には、生活習慣の見直しやバランスの取れた食事、適度な運動が大切。医療機関で治療が受けられるので、専門家の医師に相談するのも良いでしょう。

円形脱毛症

男女問わず発症する脱毛症です。「10円ハゲ」とも言われており、楕円形の脱毛がいつの間にかできています。脱毛が進行している周辺部位の毛髪は、引っ張ると簡単に抜けてしまい痛みがありません。そのため、気づくのが遅れてしまうようです。自己免疫性疾患の1つで、本来は細菌やウイルスから身体を守る免疫システムが、誤って成長期の毛包を攻撃してしまうことで発症します。

円形脱毛症の原因としては、強いストレスが一般的に知られていますが、関係性については詳しく解明されていません。脱毛症の範囲が狭かったり症状が軽かったりする場合は自然と治ることもあるようです。けれど、脱毛部分が炎症を起こしていたり、広範囲にわたって脱毛があったり、または進行が早い、長期間症状が続く、再発を繰り返す、などが当てはまる場合は医療機関を受診しましょう。

牽引性脱毛症

ポニーテールやひっつめ髪などで長時間強く髪を引っ張るヘアスタイルやいつも同じ分け目の場合、髪に負担がかかって脱毛の原因になります。負担を掛け過ぎている頭皮部分への血行が悪くなり、十分な栄養が行き渡らずに毛髪の成長・促進をストップするためだそうです。髪の毛を引っ張るヘアスタイルをやめるだけで改善されるそうですが、症状が悪化していると、負担がかかっていた部位の髪が生えてこない、もしくは細い毛髪しか生えないなどの症状が見られます。

牽引性脱毛症を予防するには、髪をまとめるヘアゴムをシュシュにしたり、分け目を変えたり、髪を結ぶ位置を変えたりして髪にダメージを与えないようにしましょう。

もし悪化した際は、頭皮マッサージや育毛剤を使用してケアをしていくと良いでしょう。

分娩後脱毛症

妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンが増加しています。エストロゲンは髪の発育に関係しているホルモン。出産後にエストロゲンの減少とともに一気に抜け毛が増えてしまうことで、分娩後脱毛症となります。一時的な脱毛症のため、通常は半年~1年ほどで改善。けれど、産後の体力回復に時間がかかってしまう場合は改善が遅れたり完治が難しくなったりするそうです。

また、育児ストレスや睡眠不足なども薄毛の原因になります。早めの改善を望むなら、ホルモンのバランスを整えるために生活習慣の見直しやエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンが含まれた大豆製品を積極的に摂取すると良いでしょう。

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠性脱毛症は、大量の角質や乾燥したフケが原因です。毛穴が塞がってしまい、雑菌の繁殖によって毛根の炎症を招き、髪の成長を止めてしまうことで起こります。発症すると、毎日100本単位で毛が抜け落ちていき、前頭部から頭頂部にかけて薄くなることが多いようです。シャンプー後のすすぎが不十分だったり、カラーやパーマなどの刺激も粃糠制脱毛症の原因になります。ほかにも、不規則な生活や行き過ぎたダイエット、ストレスによる自立神経の乱れから引き起こされる場合も。悪化すると頭皮が赤く腫れてかゆみが強くなり、カサブタができるほどひどくなります。見た目だけではほかの脱毛症と判断がつかないため、自己判断で処置をしないことが大切。きれいに治すためにも、皮膚科を受診しましょう。

脂漏(しろう)性脱毛症

脂漏性脱毛症は、マラセチア菌と呼ばれる菌が異常繁殖することで発症。発症すると頭皮全体がテカテカと脂っぽくなり、湿り気のある脂性のフケが増えます。フケをとるために、洗浄力の強いシャンプーを使うのは要注意。必要以上に皮脂が取れてしまい、さらに大量の皮脂分泌を招いて症状が悪化する可能性があります。防止するためには、高カロリーな食事を避けて十分な睡眠を取り、ストレスを解消しましょう。生活習慣の見直しが脂漏性脱毛症の予防になります。もし、発症してしまったら皮膚科を受診して治療を受けましょう。皮膚科での治療は、抗菌剤・抗炎症剤の2種類を主に使用して治療を行なっていくそうです。対処が早ければ、3週間~1ヶ月ほどで完治すると言われています。

抜毛症(トリコチロマニア)

自分で自分の髪を抜いてしまう症状です。髪以外にも、まつ毛・ヒゲ・脇の毛などの体毛を引き抜く癖があります。ストレスや欲求不満が原因と言われていますが、詳しいことは分かっていません。髪の問題と言うよりも、精神面での問題が強い脱毛症と言えるでしょう。 10~12歳の思春期の子どもに多く見られていた症状ですが、最近では男女問わず成人でも抜毛症の人が増えているとのこと。抜毛症は、軽度であれば、周りの人が気づいて指摘してあげると改善されることもあるそうです。けれど、うつや精神疾患などメンタルが関わっている場合もあるので、心療内科や精神科、メンタルクリニックへ相談して改善を目指したほうが良いでしょう。

まとめ

薄毛の改善には育毛剤やクリニックでの治療など様々な手段があります。
ただ症状や成分によって自分に合う合わないなどがありますので、注意が必要です。
最近では女性向けのクリニックやサロンも増えており、無料カウンセリングを行っているとこも多いので、
まずは相談してみるのが良いでしょう。

>>無料カウンセリングのできる
女性専門のクリニックを見る<<

発毛実績で比較!東京のAGAクリニックランキング